飲食店の集客

飲食店がホームページに集客する方法は?すぐにやるべき事【10選】無料もアリ

飲食店を運営していくうえで、「ホームページへの集客って難しい」そう感じていませんか?

確かに、ホームページを立ち上げたばかりですと、「想像していたよりも集客力が弱い」と感じることはほとんどですし、作って公開しただけでは時間が経っても効果を発揮せずに終わってしまいます。

せっかくお店のホームページを作ったわけですから、最大限活用して集客効果を感じたいですよね?集客が増えれば、お店の営業に集中出来ますし、材料も良い感じにまわって原価率が改善され品質向上する事もありえます。そうなったらお店もお客さんも最高じゃないですか^^

そこで今回は、せっかく立ち上げたホームページに集客するために効果的な方法をまとめてお伝えしたいと思います。私自身、飲食業界の集客に10年以上携わっていますので、その中での経験も交えながら書いていきたいと思います。

飲食店のインターネット集客は複雑に

グルメ業界に、集客担当として入った2008年は、グルメサイト全盛の時期で、とりあえずお金をかければ集客できた時代でした。

全てのお店がそうというわけではありませんが、50万円かけて1000万円の売上につながることだってあったくらいです(費用対効果20倍)。今ではこのような結果はなかなか得られません。ご覧の通り、媒体の検索数もどんどん下降傾向にありますし、大手媒体以外にも色々な媒体が出てきましたしね。

また、SNSもかなりのシェアなので、当時から考えると大きくバランスを変えた要因とも言えます。

つまり、今や飲食店の集客はとても複雑で難しいものになって来ています。ただお金をかければいいわけではないですからね。

まずはホームページを作ろう

そこで登場するのが、お店独自の「ホームページ」の存在です。一昔前であれば、「ホームページなんてなくても、ぐるなびみればいいでしょ?」なんて声もよく聞くほどでした。それほど、飲食店にとってホームページの重要性は低かったんです。

しかし、今の業界の状況をみれば、「ホームページいらない」とは言っていられません。「いかにコストを抑えて、効率的に集客するか」が大事になってきますので、その考えの中ではホームページへの集客は「最重要項目」といっていいほどのものだといえます。もしまだホームページが内容でしたら、今すぐ作りましょう。(※作り方がわからない場合はご相談下さい。)

ただホームページを作るだけではダメ

とはいえ、ホームページへの集客はなかなか難しいものがあります。作ればアクセスが集まる、集客出来る、それは幻想です。芸能人や著名な人物のホームページなら話題性があって集客できますが、ほとんどの場合そうではありません。既にホームページを公開済みでしたら体感されているかもしれませんね。では、飲食店ではホームページ集客できないのか?

いえ、可能です。得意分野ですのでお任せ下さい。次の項目から、ホームページへのアクセスを増加させ集客力を高めるための方法をお伝えしていきます。一部コストが掛かるものもありますが、無料ですぐに始められるものもあります。以下を参考に、取り組めるものから初めてみてくださいね。

ホームページへの集客を増やすための方法

【1】ホームページの内容に全てを詰め込む

まず1つは、あなたのお店の情報を全てホームページ上に掲載する、ということです。(載せるにあたっての工夫も必要ですが、別で書こうと思いますので今回は省かせていただきます)

「当たり前でしょ」と思われるかもしれませんが、実際出来ていないお店が非常に多いです。同じホームページを見ていたとしても、見る立場が違えば、当然見え方も違ってきます。つまり、お客さんは、我々店側の人間とはまったく違った見え方をしているんです。

例えば、料理メニューひとつとっても、あなたは料理名を見ただけでどんなビジュアルの料理なのかすぐさまイメージできますが、お客さんは来店経験がなければまったくもってイメージすることが出来ません。立場による見え方の違いというのはそういうことです。(この場合、料理写真を載せてあげることで回避することができますね)

改めてご自身のホームページをご覧になって下さい。お客さんの立場になってみれば、ページに足りない情報がたくさん出てくるはずですよ。

【2】ブログ機能を使って情報発信をする(キーワードを意識)

ホームページにおいて最も重要なのが、このブログ機能の活用です。「コラム」「記事」といった言い方もされますが、要はお店から情報を発信するということです。ブログ機能を活用し、ホームページを更新し続けることによって、Google(検索エンジン)からの評価が高まります。結果、あなたのホームページが検索結果の上位に表示され、来店へとつながるアクセスが増えていくのです。

ブログ更新の際に注意すべきことは、ひとつひとつの記事に「特定のキーワードを意識する」ということです。

例えば、あなたは吉祥寺にイタリアンのお店を構えるオーナーだったとします。あなたのお店に来るお客さんは、来店前にどのような検索をするでしょうか?

「吉祥寺 イタリアン」「吉祥寺 イタリアン コース」「吉祥寺 イタリアン 個室」

このような検索をしそうじゃないですか?それらを意識し、記事タイトルや内容に盛り込むということです。

 

実際のあなたのお店にイメージを置き換えてみて、このキーワードを考えてみて下さいね。

※「ブログ記事にはどんなことを書けばいいの?」という疑問にはまた別記事にてお伝えします。

【3】SNS(Facebook、twitter、Instagram)を活用する

今の時代、SNSの存在を無視することは出来ません。国内でのシェア上位を占めている「Facebook」「Twitter」「Instagram」は、いずれも無料で利用できますし、普段から活用しフォロワー(情報を届けられる人:ファン)が増えていれば、ホームページの更新情報や、新着イベント情報、など様々な発信が可能となります。うまく活用できれば費用対効果は絶大です。

SNSからの流入がSEO対策としての効果は薄いとされていますが、投稿・つぶやきの注目度が高まる(「バズる」)ことがあれば、一気に大きな流入が期待出来ますし、まずは始めてみてはいかがでしょう。

【4】大手グルメサイトに掲載する(最少額でOK)

大手グルメサイトへの掲載が可能であれば、最小プランでも構いませんので掲載することをおすすめします。「ぐるなび」であれば1万円ほど、食べログは2.5万円〜、ホットペッパーはBPPプラン(1万円ほど〜:地域差有り)で掲載が可能です。この全てに掲載するとコストも増えて行きますので、厳しそうであればいずれかでも構いません。

掲載することでホームページの上位表示に直接的な影響を与えるわけではないのですが、グルメサイトから公式ホームページへの導線がはられることによって、各サイトのユーザーに認知され、訪問してくれるようになります。それにより、副次的なSEO効果が期待出来ます。

どれかを選んで掲載する場合は、あなたのお店のエリアで強い媒体を選ぶといいです。肌感覚でもわかるかもしれませんが、実際に検索してみるのがおすすめ。Google検索ではなく、「Googleトレンド」というサービスを使用します。このサービスを使うことで、キーワードの推移を確認することが出来るんです。

例えば、こちら↑は「長野」にエリアを絞って、大手3サイトを比較した結果です。食べログ&ホットペッパーが強いのがわかります。その他にも、比較したい媒体があれば、追加して比べることが可能ですよ!

 

掲載の際の参考に

【5】その他のグルメサイトに掲載する

上で大手グルメサイトへの掲載について触れましたが、それ以外にもたくさんのグルメサイトが存在します。試しに「エリア名+業種」で検索してみて下さい。おそらく、ぐるなび、食べログ、ホットペッパー以外の媒体が出てくるはずです。

それらは、大手グルメサイトに比べ、安価に掲載が出来ますし、導線の拡大という意味で余力があれば掲載をおすすめします。

【6】Googleマイビジネスに登録

Googleマイビジネスを使うことで、登録したスポット情報をGoogleマップ上に表示させることができます。オーナー登録すると、お店の情報を自由に編集することが出来ますし、うまく活用すればマップ上で上位表示させることも可能です。(SEOに対し、地図最適化のことを「MEO」と呼んでいます)

オーナー登録の際に、実際の住所宛にはがきが届くので、第三者による登録の心配はありません。無料で使えますので、すぐに登録しましょう。

【7】ブログランキングに登録

ブログ記事を更新していく前提ですが、「ブログランキング」への参加もおすすめです。こちらも直接的なSEO効果はあまり期待できませんが、ホームページを立ち上げた当初のアクセスアップには力を発揮してくれます。

人気ブログランキング」「にほんブログ村」あたりは有名なので、ここだけでも登録してみてはいかがでしょうか。

【※補足※】ドメイン調査ツールを提供しているahrefs(エイチレフス)によると、ブログランキングからのリンクがdofollow扱い、つまりSEO的にはプラスに働いているという結果が出ていますので、やらないよりはやった方がいいですね。

【8】ホームページを来店客に告知

来店されたお客さんに、ホームページを知っていただくことは重要です。例えば、「コースター」「箸袋」など、全てのお客さんと触れるアイテムに情報を載せたり、卓上やトイレなど、目に触れる場所へPOP等を掲載するのもいいですね。

ホームページの認知度が高まればアクセスするユーザーは増えますし、その積み重ねが評価され、自然とSEO対策へとつながっていきます。

告知するための印刷物を作るのが大変な場合には、ネットプリントサービス「ラクスル」がおすすめです。一般的な印刷業者に比べ出来ることは多くありませんが、料金が安く、制作初心者でも手軽に始められるのが大きな魅力です。飲食店で使用するチラシやPOP類でしたら、十分過ぎるくらいのサービスです。既に使用している印刷物があるのであれば、ラクスルに乗り換えるだけで大きなコスト削減に繋げられます。(今回のテーマからそれますので、詳細はまた別記事にて)

【9】継続して運営していく

この項目がかなり重要です。今回ご紹介したいずれの方法においても「継続」することで効果が発揮されます。ホームページのブログ記事更新にしても、グルメサイトへの掲載にしても、SNSでの投稿にしても、です。

始めたばかりのタイミングだと、色々と不慣れな部分もあって挫折してしまいそうになるかもしれませんが、そこは忍耐力の見せ所。続けた先の未来には、今よりもいい結果が待ち構えているはずですので、頑張っていきましょう。

コツコツと継続すれば、このような↑伸び方を見せてくれますよ。

【10】AIを導入し人工知能型のSEO対策を始める

最後に、当サイトのテーマでもある「人工知能」の導入もおすすめです。SEO対策は、過去のデータ全てがWEB上に存在しますので、人工知能との相性は抜群です。(1日あたり1,670円〜ご利用可能)

「よくわからないし効果があるのか分からない」という声も聞こえて来そうですが、私共が正規代理店を務める「SEO-NEXT」の公式サイトにもあるとおり、既にその効果は550社以上のサイトで実証済み。もちろん、飲食業のサイトでも導入実績がありますので安心してお使いいただけます。(使う、といっても導入後することはほとんどありません)

詳細は「AI型SEO対策について」でお伝えしていますのでそちらを御覧ください。

1点ご注意いただきたいのが、「ご契約特典」は当サイト独自のサービスとなっておりますので、AI型SEOをご用命の際は是非こちらからお声がけ下さい。

飲食店のホームページ集客【まとめ】

今回は、飲食店さん向けのホームページ集客についてお伝えしました。

あえて飲食に絞ってお伝えしてきましたが、SNSやブログランキング、AI型SEOなど、部分的にみれば他の業態にも応用は可能です。

取り入れて対策をしていければ、ホームページからの集客、そして売上アップへと繋がっていくはずですので、まずは出来るところからでも始めてみて下さいね。

関連記事

  1. ホットペッパーの特集の選び方は?Bプランでも効果を上げるための方法

PAGE TOP